Aug 6, 2018

 肥前島原子ども狂言公開文化講座2018 「島原城薪能と松平文庫」が開催されました。

 肥前島原子ども狂言公開文化講座2018 「島原城薪能と松平文庫」が開催されました。
 島原市地域おこし協力隊の松原正武さんが取材してご紹介くださいました。ありがとうございました。

 この講座は、長崎県指定文化財「肥前島原松平文庫」の資料を特別公開し、島原での能楽の歴史を、島原城解説委員で肥前島原子ども狂言の講師でもあられる松尾卓次先生がわかりやすくスライドを使ってお話しくださり、その歴史を知ったうえで、実際の松平文庫に残る、島原の能楽の歴史にまつわる資料を実際にみることで、江戸時代から島原に脈々と受け継がれる歴史の深さを感じることができる講座となっています。

 今年も子どもたちが実際に江戸時代の古文書にふれさせていただきながら見学させていただきました。
 子どもたちがこのような形で歴史あるもにのふれていくことは、今は理屈ではわからなくても、きっとこれから成長して大人になったときに必ず歴史と本物の存在感と合わせて、自分たちの感性で伝えていくこと、生きながらさまざまな表現なかでの自分をみつめることが心の芯になっていくこと、に気づいていってくれるのではないかと思います。

 私たちの財産である長崎県指定文化財「松平文庫」を今後もどのように守り保管し、未来のために活用していくのか・・・
大切な議論をみんなでおこない現実化していかなければならない時期に来ているような気がします。

 来年も開催する予定ですので、みなさまぜひ参加してください。


Posted in お知らせNo Comments » 

関連記事