Oct 18, 2018

<第36回島原城薪能 その弐 第1部 島原狂言 肥前島原子ども狂言>

<第36回島原城薪能 その弐 第1部 島原狂言 肥前島原子ども狂言>
 
 今年は「肥前島原子ども狂言15周年」の記念すべき舞台!
3歳から高校3年生までの35名で、心を合わせ、9演目 約1時間の舞台を立派につとめました。
 舞台袖の桐戸口で出番を待つ子どもたちの、緊張しながらもワクワクするような表情と演目を終えたあとのホッとしながらの輝く笑顔が印象的でした。

 今年初めての舞台を経験する子どもたちは未就学児も多く、小さな体で天守閣を背景にした能舞台、そして約1100人の観客を前にしての舞台空間を体いっぱいに体験しその素晴らしさを感じたことでしょう。

 島原の子どもたちだから体験できる、城下町ならではの歴史と伝統文化の継承体験をそれぞれの感性の中でしっかりと育てていってほしいと思います。
 そんな子どもたちの人生の1ページに関わり、子どもたちの成長をかたわらで時を重ねながらともに見つめることができることが、私たちスタッフの誇りと学びであり、子どもたちの感性に少しでも文化力と感力の種まきができているといいなあと思います。


Posted in お知らせNo Comments » 

関連記事